低用量ピルの成分

経口避妊薬「ピル」は、海外で30年以上の歴史がある薬で、世界で約9000万人の女性に使用されている避妊方法です。
長い間避妊に使われている低用量ピルは、日本では法的に認められていませんでした。
しかし、1999年6月に日本でも承認され、9月から発売されました。

したがって、日本ではまだピルに関する知識が浅く、正しい理解が得られているとは言い難く、多くの誤解もあります。
女性にとって、妊娠・出産・避妊はとてもデリケートな問題です。
そして、自分の身体を守るのは、自分自身です。
ここでは、女性としての身体や避妊についての正しい知識をご紹介します。

ピルは、避妊を目的とした内服薬(飲む薬)で、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)という2種類の女性ホルモンが含まれています。
低用量ピルの成分は、従来のピル(中~高用量ピル)の重篤な副作用を減らすため、ホルモン量を限りなく少なくしたものです。

ピルの作用とは、まず排卵を抑制します。
子宮内膜を変化させて、受精卵が着床しにくい状態にします。
また、子宮頸管粘液を変化させ、精子が子宮内に侵入しにくい状態にします。

またピルには、避妊効果が高いだけではなく、女性の身体に良い効果、いわゆる副効用という効果があることが知られています。
それらはまず、月経周期が規則正しくなります。
経血量の減少、それに伴う鉄欠乏症貧血の発生頻度が低下します。
他には、月経痛の程度が軽くなったり、子宮外妊娠の発生頻度が低下します。
長期間服用すると、良性乳房疾患・骨盤内炎症疾患・子宮内膜癌(子宮体癌)・卵巣癌の発生頻度が低下します。

また、頭痛や嘔吐、下痢といった副作用は、低用量ピルのホルモン量は、開発当時の高用量ピルの数分の一から数十分の一に減少したので、その分副作用も起こりにくくなっています。

★購入はこちらから
トリキュラー 通販