生理痛を軽減するピルには、血栓症のリスクもあります

ピルは一般的に避妊薬として認知されていますが、避妊以外にも生理痛の軽減や月経前症候群による様々な症状の軽減、またはニキビの改善などの働きをする薬でもあります。
欧米では多くの女性が使用し、ポピュラーな薬ですが、日本ではまだ使っている人は多くはありません。
現在主流となっているピルは、含まれる女性ホルモン量は少なく、低用量なので副作用も少なく、正しく服用すればほぼ100パーセントの確率で避妊することができます。
ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンがバランスよく配合されていて、服用することで妊娠しているのと同じ状態にするために、着床を防ぎ避妊することができます。またホルモンバランスを整えることで、生理不順を改善し、排卵を止めているので、生理痛も軽減することができます。
ただ、毎日1回同じ時間に服用し続けることが大切で、飲み忘れると避妊よ効果が減少するので注意が必要です。
またはじめて服用する時など、つわりのような副作用が出ることがあります。通常それほど長くは続きませんが、なかなかおさまらない場合には、婦人科を受診することをおすすめします。

重い生理痛や生理不順などの治療薬として使用され、高い効果を発揮しているピルですが、その反面静脈血栓症のリスクももっています。
海外で行われた調査では、喫煙、高年齢、肥満に該当する人が、静脈血栓症のリスクが高くなると発表しています。こういったリスク要因を持つ人は、十分注意して服用することが大切です。
またピルは、服用開始後数ヶ月が血栓症のリスクが高くなると考えられています。そのため服用するのであれば、継続して服用し、中断や再開を繰り返さないようにする事が大事です。