40代の更年期にピルは有効か

40代になると更年期の年代に入ることを不安に思う人は少なくありません。なぜなら更年期障害とは、ホルモンのバランスの変化により生理が不順なることから始まり、のぼせや、眩暈、吐き気など様々な症状が体に現れるからです。そしてそれにより体や精神的に不調をきたすのを更年期障害といいます。早い人では40代前半から症状がみられるようになります。また50代前半くらいまで症状が続く場合もあるでしょう。そしてその間に症状が重い時期もあり、軽い時期もあり、自分にとってつらい時期になることを女性は不安に思っているのです。そのような症状を緩和してくれる薬に、経口避妊薬の1つであるピルがあげられます。このピルはホルモンを調節して排卵を防ぐためのものですが、更年期障害に非常有効的であるといわれます。更年期障害の重い症状の緩和から始まり、子宮ガンなどの発生を防ぐ効果もあるのです。現在はこのピルを使用する場合には、病院を受診して医師に処方をしてもらわなくてはいけません。またこのピルは自費診療になるので、処方は自己負担ですべて行う必要があります。しかし、自分の症状を薬で改善することができたら、これほど嬉しいことはないですね。40代から始まる更年期障害は約10年も続くのです。自分だけで対処できることもあるでしょう。しかし、辛い場合は病院で薬に頼ってもいいのです。もしも、すぐにはピルが必要ないとしても、何かつらい場合には、頼るところがあるとわかっていれば、気持ちも楽になるでしょう。更年期障害は精神状態も深くかかわるのです。辛いと考えていては、うつ状態にもなってしまう可能性もあるのです。気持ちを少しでも楽にもてるようにしておきたいですね。